Atelier Nature 

~The treasure box of my heart~


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John

  1. 2012/08/17(金) 11:37:24|
  2. John's story
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
どうやってたどりついたのか・・・・

ジョンを   パルプリママ さんのブログで見つけました。

この記事のこの部分を読んでジョンがいい!というのではなく、

ただただ「ジョンしかいない」なのです。

ですから、更新されていく記事を読んでジョンへの思いは募るばかり。


実はジョンの最初の募集条件は 「先住犬がいないこと」 とありました。

・・・・・当てはまってしまった我が家。

それより我が家の難関は主人。(いつも)

石橋を叩いて叩いて・・・叩いて結局渡らない主人。

それとは反対に「これっ!」と決めたら壊れている石橋だろうがなんだろうが

渡り、周りの壁まで壊してしまう勢いの私・・・。

IMG_0544_convert_20120815200827.jpg
               コワサナイデヨ  オカーサン

とは言っても主人自身、全く保護犬に理解がないわけではありません。

「いいよ♪」と簡単には言えないなあ・・という気持ちであることを察知した私。

何度となくジョンの記事を見せては

どうかなあ・・どうかなあ・・・ジョンくん、どうかなあ・・・とアピール。

「いいよ」とも「だめ」とも言わない曖昧な態度。

  
    条件満たしてないから多分断られちゃうと思うんだけど、手をあげてもいい?


・・・多分。 言い出したら聞かないし断られるだろうし、とにかく一回やってみれば

気が済むだろう・・・そう思ったんだと思われます。曖昧ながらもOKが出ました。

でも、やはり条件に見合っていないことで残念ながらお断りされました。

とても丁寧に、そして何よりもジョンの幸せを願い考えて出している条件でしたし、

私自身、条件を満たしていませんから お断りを覚悟の上で連絡しましたので

納得しました。

あとはもう、毎日パルプリママさんのブログに出てくるジョンを見つめてるだけ。


数日経ってパルプリママさんから一通のメール。

ジョンの家族が決まりました と

ご丁寧に連絡くださったのかなー位の気持ちで読み始めました。


それは まだジョンの事を思ってくださっていたらもう一度お話くださらないか

という内容のメールでした。

何度も何度もメールを読み返し、「・・うそでしょ?ほんとに?」

メールを読んでは立ち上がってそわそわ。の繰り返し。

こうなると主人は後戻りはできないと思ったらしく、

大型犬を迎えるということに今まで以上に金銭的にも私の世話の負担も増えること

を諭され(こういうときは素直に聞きます)話を進めることになりました。


2010年の3月27日、私と主人とキャンディとでお見合いをしたのであります。

あの時、ジョンが飛び出してきてくれたこと、ニコニコしてたこと

そのまま連れて帰りたいと思うほどジョンが愛おしい気持ちだったこと・・・・

あの情景と気持ちだけは忘れていません。

行き帰りの主人との会話は全く覚えていないですけど。

スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。