• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

Atelier Nature 

~The treasure box of my heart~


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライフラワーって・・

  1. 2010/04/02(金) 09:15:14|
  2. Natural Heart
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドライフラワーって言うと皆さんはどんなことを思い浮かべますか?




枯れてる・・

汚い・・

色が茶色・・

咲き終わった生花をつるす・・


そんなイメージありませんか。

一つだけこの中に、それは嘘ではないかも・・と思うのは


枯れてる・・でしょうか。

確かに、水は吸いませんし、花瓶に挿して水を取り替える心配は

ありませんから。


でも

汚い・茶色・咲き終わった花をつるす・・は違います。


逆なのです。

咲き終わった花をつるすから

汚く、茶色なのです。


もちろん、時間とともに退色していくと

そのような様子になりますが、本当のドライフラワーはそうではありません。



きれいに上がったドライの花々は鮮やかでもあり、

落ち着いた色合いになります。

花材にもよりますが、

小麦などは青々とした姿から

退色していくさまもまた、趣があります。



私はバラは自分の手でドライにします。

仕入れてきたバラは棘だらけ。

丁寧に丁寧に、棘を処分します。

水切りをして大きな入れ物にバサッとバラを入れます。

とても豪華です。

やっぱりフレッシュも素敵だな~と思います。



そこからは一本一本状態を見ながらつるしていきます。

バラが今よ!私をドライにしてと教えてくれます、

なんてカッコイイことが言えたらいいのですが・・・。



これからの季節、湿気が少なくさわやかな陽気になります。

よかったら皆さんも挑戦してみてください。

湿気が少なく、直射日光の当たらない風通しのよい場所が

あればチャンスです。
スポンサーサイト

<<変身前 | BLOG TOP | バスケットアレンジメント>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。