• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

Atelier Nature 

~The treasure box of my heart~


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John

  1. 2012/08/16(木) 15:43:59|
  2. John's story
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
それから 

保護犬、里親・・・・・

そんな言葉の検索を始め、今まで目を向けてこなかった事実に愕然としました。

たくさんの罪のない命が処分されている。

知らなかったわけではないけど、目を背けていた部分です。


その命を救うべく、たくさんの個人ボランティアさんや

保護団体さん達が行動していることを知りました。

とある、保護団体さんに所属されている方のブログが目にとまりました。


せっかく譲渡されたのに再譲渡されることになり、

翌日、新しい家族のところに行くことが決まっていたゴールデンの女の子が

脱走し、事故にあって亡くなったという記事でした。


あまりに衝撃的でこれでもかというほど泣いて泣いて泣いて

その頃仕事に行っていたのですが、

とてつもない目の腫れ具合に周りの人に引かれたほどです。

1週間泣き続けました。

その保護団体さんが里親会を開く会場に足を運び、

そのゴールデンの子をペンダントにして連れてくるというのを知り、

その子に会いにも行きました。


愛護センターの記事を読んでは泣き、

保護されてる方の里親募集のブログを読んでは泣き・・・

ただただ 泣いているだけ。

いい加減泣いてるだけの自分に嫌気がさした頃、

何か自分にできることはないかと思いました。


預かりをし、里親を探す・・・というのは私の性格上絶対に

里親さんが決まる度に泣き伏してしまうのでそれでは先に進めなくなる・・・

ならば、家の子になってもらった方がずっといい・・・・


そう思うと「家の子」を探さずにはいられませんでした。

・・・・・・・・そして見つけたんです。

大事な大事なジョンを・・・・。

IMG_0538_convert_20120815200738.jpg

ほげ~だな・・・・。
スポンサーサイト

<<John | BLOG TOP | John>>

comment

まいねーさん

  1. 2012/08/18(土) 09:10:11 |
  2. URL |
  3. Hikarun
  4. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

GRの女の子の事故は、今でも思い出すと苦しく
この事故が私に行動させるきっかけだったようにも思います。
 
「つい」とか「うっかり」とか「まさか」とか。
それが取り返しのつかないことにつながるという認識を
いつも持たないといけない、そんな当たり前のことが
私も含め低くなりがちです。

保護犬の命を預かることは、本当に大変です・・
心に響く言葉です。

No title

  1. 2012/08/17(金) 20:56:26 |
  2. URL |
  3. まいねーさん
  4. [ 編集 ]
脱走して亡くなったGRの女子の事件、読んだことがあります。
一般家庭で預かる場合、団体でも同じことですが、その犬が
どんなことに驚くかがわからないし、うっかりが原因もあります。

首輪だって二重にして、ハーネスをつけていても、つけていない
タイミングで事故もありえます。
でも、それは、預り中の人のせいであり、里親さんのせいであり、
トライアル中の人せいであり、ただただ、人間の責任です。

あの手の事件、ブログで報告をしないわけにもいきませんが、
お涙頂戴のドラマにして書くのは嫌いです。

私も関わっていた現場から里子に出したお宅で、柴やmixの逃走が
あり、捜索したことが何回もあります。
それは、うっかりとルールを守っていない時に起きます。

捜索を含めて、あの子に関わった方の心労や苦労は計り知れない
と思います。
でも、亡くなった後にお花やら追悼の言葉がたくさんあり、それが
非常に腹立たしかった。死んだら何もならない。
幸せにするために救ったのに。

あの時期、脱走、逃走事件は、とても多かったので、よけいに感じ
ました。保護犬の命を預かることは、本当に大変です。
愛情だけではなく、「管理」することが非常に重要だと思います。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


<<John  | BLOG TOP |  John>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。