• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

Atelier Nature 

~The treasure box of my heart~


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとね

  1. 2012/11/16(金) 20:10:15|
  2. Natural Heart
  3. | コメント:2
夏休み前に骨折して

いろんな意味でvacationを台無しにしたうちの息子。

今週、月曜日にようやく松葉杖を外して歩いていいと

お許しが出て、火曜日から念願の自力登校を始めた。


ほんの数日ではなく、数ヶ月に渡った母親の送り迎えは

彼にとってとても不甲斐なくて情けなかったらしい。


学校生活では、文化祭など大きな行事もあり

松葉では手伝えないことも多く、

帰りの車の中で  「何にも手伝えない。 何の役にも立たない。」

と吐き出していた。

「うんうん。すぐに動けるようになるって!大丈夫大丈夫」と

とにかく吐き出させてあげることしかできなかった。


相当のストレスも抱えていたらしく、

普段は穏やかな子が一度だけ大泣きして叫んだこともあった。


私とケンカしても、送り届けると必ず「ありがとう」を言う。

一週間ほど、学校行事に伴い 朝練があったのだけど、

いつもより30分早く家を出ていた時も

朝練が終わった日に「この一週間、早く送ってくれてありがとう」と。


もう。怒る気になれないじゃない。ずるいよ。


この年頃は母親と話するなんて「うざい」であろうけど

車の中で結構いろんな話ができた。


早く自分で行けるようになるといいな・・・と

思っていたけど、いざその日が来たら何だかさみしい。


大変な怪我だったけど、彼はいろんな事を考え、いろんな事を感じ

いろんな意味で成長したのかも。

怪我はけして彼にマイナスではなかったみたい。



その彼、

今日こんなものを買ってきてくれた。


IMG_1760_convert_20121116195732.jpg


「長いこと、送り迎えしてくれてありがとうね。

お母さんと、お父さんと、兄ちゃんと。プリンはマリィに。」

.......って。











スポンサーサイト

<<12月のレッスン使用花材 | BLOG TOP | まったり>>

comment

mikaさん

  1. 2012/11/18(日) 18:26:30 |
  2. URL |
  3. Hikarun
  4. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

すみません、ちょっと(いや、かなり)親バカ全開記事
書いてしまいました。

マリィに・・の言葉に
「アンタっていいヤツだねえ・・」と
さすがの私も泣けてしまいました。

そうですね、このケガはmikaさんの仰る通り
彼にとって必要なメッセージがあったんだと思います。
ちょっと痛かったろうけど・・・。

年内いっぱいのリハビリ、頑張りマス!

  1. 2012/11/18(日) 17:05:28 |
  2. URL |
  3. mika
  4. [ 編集 ]
なんて、なんて優しい息子さんなんでしょうか・・・
同じ母親としてウルウルしちゃいました。
本当に大けがだったよね。思うように歩けないことや、いろんなことができずにリハビリに通う日・・

息子さんは息子さんの学生ライフがあってそれができないジレンマも大きかったでしょうね。

送り迎えって本当に大変だと思います。

でもこの怪我は息子さんにとって大きなメッセージだったのだと思います。この夏でなければならなかった怪我だったのでしょうね。

感動しちゃいました~。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。