• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

Atelier Nature 

~The treasure box of my heart~


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

with Mairi

  1. 2012/06/21(木) 00:05:45|
  2. Angel
2011年の8月11日。

ジョンに虫刺されのようなふくらみを見つけました。

翌12日がマリィの抗がん剤治療の日だったので、一緒に受診。

ジョンのそれは「肥満細胞腫」


      また・・・?ジョンまで・・・?


ご存知とは思いますが、ジョンの名誉のために・・・。

肥満だからではありません。(肥満気味ですが・・・)

肥満細胞腫もやはり癌。

頭が真っ白になりました。しかも、受診した8月12日は私の父の命日。

何もこんな日に。



IMG_0595_convert_20120616180640.jpg
                          ジョンチャンノ オシリ ムギューッ

犬の神様はこの子達にまだ、試練を与えるの・・・?

ジョンとマリィを失うのではないかという不安にかられました。

ジョンは薬を一週間服用し、その後、手術をしました。

幸い、病理検査の結果も思ったより悪くなく、結果によっては

マリィと同じように抗がん剤の治療も視野に入れるというお話でしたが、

抗がん剤治療はせず、薬の服用のみで

マリィと一緒にしばらくは一ヶ月に一度、通院ということになりました。

最初は、なぜ、父の命日に・・・と思いました。

でも・・・そうじゃない。きっと父が教えてくれたんだ。


      おーい。間に合うからジョンを病院に連れてってやれよー。  って。


経過が順調だったマリィは3週間に一度の抗がん剤治療が

2011年の9月から、4週間に一度の治療になりました。

薬の量や内容も変わり、少しずつ 薬を減らし、
 
薬に頼らない生活ができるように。 それが目標でした。


IMG_0596_convert_20120616180724.jpg
                        アップデ ムギューッ


それからジョンとマリィを連れた、月に一度の病院通いがスタートしました。

マリィは小柄ではありましたが、それでもやっぱり大型犬を2頭連れての通院は

なかなかハードでした。

なぜか病院に行くとハイテンションになるジョンは、自分の名前じゃなくても

呼ばれると診察室に率先して入っていくという、まさにミンナの見本(?)


IMG_0580_convert_20120616180527.jpg
                     ジョンチャンノ オシリハ キモチイイノダ



待合室では・・・

 おっきいわねー。

  おとなしいのねえ。

   やさしいお顔してるわー。

    美人さんねー。(あ、マリィがです)

     穏やかねー。


そんなことないですー。と言えない・・いえ、言わない私は、

素直に「はい、そうなんです。」とかけてくださる言葉すべてに

うなずいてしまう、親ばか。

かなりちょっと自慢。



IMG_0714_convert_20120616183414.jpg
    オカーサンッタラ  ワラエルー          ボク ハズカシイ 


ま、ま、いいじゃない。

ほんとに自慢のおかーさんの子たちナンダモン。



マリィ・・・。

今日はマリィが天使になって2ヶ月だね。

まだまだ、あふれる涙をとめることができないダメダメなおかーさんだけど

いいかな・・・。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。