• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

Atelier Nature 

~The treasure box of my heart~


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

with Mairi

  1. 2012/07/05(木) 00:14:09|
  2. Angel
多少 風が冷たくても連れ出そう。

毎日カートを組み立て、寒くないようにハーフケットを用意し、

マリィを抱っこしてカートに乗せました。

この一日一日、毎時間、毎分、すべての時間を大事にしなければ・・・

そう思っていました。

心のどこかでその時を覚悟していたのかも知れません。

IMG_1109_convert_20120702153440.jpg
      サポートハ マカセテ by ジョン

それをよく知っているジョンはとてもとても上手に横を歩いてくれました。

狭い場所を通り抜ける時は自分が一歩下がってマリィのカートが通りやすいように。

静かに静かに、わがまま言うことなく一緒に歩いてくれました。

カートを押しながらジョンを連れてのお散歩を心配してくれた

ポンタのママは 毎朝、ポンタと一緒に迎えに来てくれました。

IMG_0653_convert_20120703130327.jpg
   ボク、オカーサントイッショニ マリイチャンノオムカエニイッタヨ ダカラオヤツチョーダイ♪

ほんとね。ポンちゃん、ありがとうね。今でもそのまま迎えにきてくれてるもんね。

病院に行くときは必ず付き添ってくれたよね。とってもとっても心配してくれた。

ポンちゃんのお母さんの優しさ、とっても感謝してるのよ。

マリィは24kgあった体重が22kgにまで減りましたが、それでも抱き上げるのは

か弱い私は結構な力がいりました。

腰を痛めて今後に差しさわりがあってはいけないから・・・と

ゴマのママが長座布団のカバーを手作りしてくれました。

これでマリィちゃんを抱っこしてって。

IMG_1284_convert_20120703131234.jpg
IMG_0655_convert_20120703130800.jpg
             ボクノママノ テヅクリダヨ スゴイデショ

うん。ゴマちゃん。ありがとうね。ママ、ほかにもいろいろ作ってくれて、本当に

マリィも私も幸せ者だなって思ったのよ。とっても感謝してるのよ。

本当に、無償の愛。私、こんな素敵な友人がいることがとても自慢です。


3月5日、上の息子の卒業式。

母に来てもらい、マリィを見てもらいました。

このころ、マリィは室内に作ったスペースでおしっこをしていました。

圧迫排尿ではありましたが、でも、ちゃんとシグナルを出していました。

   「おかーさん、おしっこ♪」

その日は朝から全く排尿がなく、心配だったので式だけでて

謝恩会は出ずに帰ってくるつもりでいました。

でも、母が息子の高校生活最後の謝恩会、ちょっとだけでも参加してきなさい、

マリィちゃんは見てるから。

下の息子も急いで帰ってくるから、お母さん、出ておいでって。

二人のせっかくの気持ちに甘えることにし、途中まで参加してきました。

IMG_1082_convert_20120702150036.jpg
            オカーサン オカエリ♪

帰宅し様子を聞くとやはりまったく排尿がない・・・。

まだ、後ろ足を引きずって動いていたマリィは私を見ながら階段まで行きました。

もしかして・・・・。

マリィを抱き上げ、外のおしっこスペースに連れて行きました。

マリィはそこでちゃんと。

お外でしたかったんだね、マリィ。

ちゃんと、ちゃんとおしっこお外でできるよって言いたかったんだよね。

ごめんね、マリィ。抱きしめていっぱい泣きました。

それでも量的には少なかったので、膀胱炎を起こす前にと病院に連れていきました。

やはり、兆候がみられたので、再度カテーテルを導入し、とれてしまったらそれでも

大丈夫よ、とその際の処置も聞き、帰宅しました。

いつも気持ちが落ち着かず、いつもこれは夢ではないこと、

いつもこれは現実であること・・・・どうしようもない不安ばかりがつのりました。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。