• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

Atelier Nature 

~The treasure box of my heart~


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

with Mairi

  1. 2012/07/19(木) 00:43:47|
  2. Angel
4月20日

未明からマリィは昏睡状態になりました。

ジョンが前日、階段を上がってこなかった理由・・・

残りの時間を、マリィの意識がある最後の時間を

私に与えてくれたのだと悟りました。

こんこんと眠り続けるマリィ。 何もしてあげることができない。

口元に水を含んだハンカチを持っていくと舐めるしぐさをしました。

IMG_1181_convert_20120715183540.jpg
 
マリィの意識があった最期の写真。


私がマリィのそばを離れた時に最期を迎えてしまったら・・・と思うと

トイレやお風呂に入る時はとても緊張しました。

下の息子がこの日、どうしてもマリィのそばに居たい・・・というので

だめな親ではありますが、そんな彼の優しい気持ちは十分わかっていたので

聞き入れました。

ただし。

   明日は何があっても学校は休まず、行くこと。

   何があっても、最後まで授業を受けてくること。

    それをマリィと約束すること。


と、条件をつけて。

この日、マリィは家族と最期の夜を過ごすことになりました。


翌 4月21日

下の息子が


   マリィ、僕が帰ってくるまで待っててね。

   おかあさん、何かあったら 連絡ちょうだいね。


そういって出かけていきましたが、

私は何かあっても連絡するつもりはなく、本人にもそう伝えました。

朝、8時前から早かった呼吸がだんだんとゆっくりになり始め

大きく息を吸って吐く・・・・を繰り返し始めました。

マリィの頭を抱き寄せ、たくさんマリィに話かけました。


   家にきてくれたこと、おかーさんの想いに応えてくれたこと

   なにもかも、マリィが存在してくれていたこと ありがとう。

    でもね、でも、こんどは 寄り道しないで

   まっすぐおかーさんのところにくるんだよ。

    本当に 本当に 大好きだよ。


あとはもう、マリィの名前を呼ぶことしかできなかった・・・。

上の息子、ポンちゃんのママ そして私が見守る中

マリィは最期に大きな深呼吸をして 穏やかに 穏やかに

天使になりました。

午前9時01分でした。

IMG_1186_convert_20120718163022.jpg

私の手の中からマリィがいなくなりました。

マリィ、どこにいますか。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。