• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

Atelier Nature 

~The treasure box of my heart~


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちゃった

  1. 2012/07/22(日) 00:23:04|
  2. Natural Heart
言ってしまっていいかしら。

どうしようか。

言っちゃえ。 


息子その2、先々週の水曜日の夜、大怪我して救急搬送して緊急手術して入院中。

なにをやらかしたかというと

夜、一人でトレーニング(というと聞こえがいい)に出かけ、

ボールを蹴っていた・・・はずが、ボールに遊ばれたらしく

こけてしまった。

IMG_0495_convert_20120720163451.jpg
ソレッテ ジバクッテイウンデショ

あちゃー。キャンちゃん。それ言っちゃおしまい。

開放性脱臼骨折

・・・・要は骨出ちゃって 脱臼して 先端がミジャミジャ・・・  ひいいいい。

出かけて30分で私に電話してきた

「お母さん、悪いけど怪我したから迎えにきて。もしかして骨折してるかも」  と。

車で迎えに行ったが暗くてわからない。

すると携帯の明かりをかざす倒れている怪しい人影・・・。

駆けつけてみると 足首が変な方向に曲がり出血したまま倒れてる息子。

それみてひるんでしまった母。  

「お母さん、ごめんなさい、ほんっとごめんなさい、こんなことになっちゃって」

と謝る息子。  やだ。いつも虐待しているみたいじゃない、なに謝ってんの。

すぐに主人を呼び、救急要請。

真夜中12時45分に緊急手術。  あれこれ説明を受けるが

お医者さん、最悪なことしか言わない。  歩けるようになるかどうかより

まずは感染症を起こさないことが先決。

病室に運ばれ、そこでもなお

「お父さん、お母さん、ほんとごめんなさい。こんな怪我しちゃって・・」

なに言ってんのこの子は。 頭打たなくてよかった・・・ほんとに母、そう思ったよ。

帰ってきたのは朝5時。 空は白み始めてる。

この歳で俗に言う「オール」しちゃったわ。

翌日から熱・・熱・・熱・・

足の怪我の熱もあるけど、ここへきて、夏風邪もひいたらしく、

40度も出して、へろへろ。踏んだり蹴ったりとはこのこと。


その時は

「お母さんが居てくれてよかった」 とか、

「一日本当に時間使ってくれてありがとう」 とか

かわいいこと言うじゃん・・・と思っていた・・ いた・・ いた・・


熱が下がって元気になり始めると

「どの口持ってそんなこと言うかぁ!」 状態。


成績表を持ってわざわざ届けてくださった担任の先生。

本当にありがとうございます。


けど。

成績表を見た途端、心臓止まってこっちが入院するかと思った。

退院したら情け容赦なく勉強させるっ!!!と心に固く固く誓った母。

怪我したのは足だし。手は普通に動くし。

頭も普通に使えるはず。  よし。 ビシバシ。


彼の今一番の願いはジョン君に抱きつくことなのだそうだ。

IMG_1347_convert_20120720161022.jpg
オサンポシテクレナイKチャンハ キライナノダー

息子よ、入院生活で学ぶこと、学ぶべきこと、改めてたくさん感じておくれ。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。