• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

Atelier Nature 

~The treasure box of my heart~


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリィに逢いたい

  1. 2012/07/25(水) 00:44:18|
  2. Angel
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
この1年5ヶ月  そして 歩けなくなってからの2ヶ月弱

マリィは何を思っていたのだろう

マリィは何を伝えたかったのだろう

マリィにとって私と一緒にいたことは幸せだったのだろうか


最善は尽くしたつもりでも 当然のごとく

後悔ばかりが湧き上がる。


マリィの本当の幸せは 放棄されることなく

前の家族と最後まで病気と闘い、前の家族と最期を迎えることだった

のではないかと考えたり。


保護当時推定9歳だったマリィ。

9年も一緒に過ごした家族がいたのに

その家族に放棄され、残りの犬生は病気との闘いだったなんて。

そんなマリィの一生が私は本当にたまらなくせつなかった。


IMG_0398_convert_20120723135823.jpg


だからこそ、元気にしてあげたかった。

もっともっと生きてほしかったよ。

もっともっと一緒にいたかったよ。


マリィに会いたい。

ごめんね、元気にしてあげられなくて。

そう伝えたい。

マリィが居なくなったつらさから解放されたいとは思わないの。

いいの、ずっとつらくても。

だってマリィの方がずっとつらかっただろうから。


マリィに会いたい。

マリィと話がしたい。

マリィを感じたい。

その願いをかなえてくれたのが 

アニマルコミュニケーターの木野村 なぎささん。

マリィがこんなこと、教えてくれました。



この4月21日は、マリィの今回の寿命だったの。

マリィはおかーさんといつも一緒。

おかーさんがマリィを思い出したときにはおかーさんを見ているよ。

おかーさんが思い出さなくてもマリィはおかーさんのそばにいる。

おかーさんと私はいつも一緒。

一緒に居ることの楽しさや、優しい気持ちは元気な子だけのものじゃない。

病気の時も、楽しいことも、嬉しいこともたくさんある。

マリィとおかーさんはそれを分かちあってきたの。

マリィはおかーさんのところから死に向かいたかった。

病気の時も、楽しいことがあること、お互いが居るだけで幸せがあることを

伝えたかった。

IMG_0831_convert_20120723135928.jpg

死は別れではなく、心はいつもつながっていることを伝えるのが

マリィの役目です。

マリィが楽しい時はおかーさんも楽しい。

おかーさんが楽しい時はマリィも楽しい。

こちらに来てもそれは同じだよ。

マリィがやってほしいこと、おかーさんちゃんとできてたよ。

パーフェクト!

そして。

必ずまた逢えるよ、約束だよ、ずっと一緒だよ。


これがマリィからのメッセージ。

優しくてしっかりとした まっすぐなメッセージ。

マリィ。

おかーさんのところへ来て幸せだったと

受け取っていいんだよね。
スポンサーサイト

<<マリィに逢いたい | BLOG TOP | ありがとうをこめて>>

comment

なぎささん

  1. 2012/07/29(日) 12:55:44 |
  2. URL |
  3. Hikarun
  4. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。すっごく嬉しいです。
せっかくなぎささんにマリィとつないでいただいて
前向かなきゃって思えるようにしていただいているのに
なかなか いじいじめそめそぐすぐす・・・。
人間ナンダモン・・・でいいんですね。
いつも心に響く言葉 ありがとうございます。

No title

  1. 2012/07/29(日) 09:58:39 |
  2. URL |
  3. 木野村
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
時々ね、マリィちゃんの写真見ますよ。
わたしもね、マリちゃんの健気さに胸が熱くなります。

動物はサバサバとしてますが、人間はそうもいきませんよね。
私も、1年以上も経つのに、時々めそめそして猫たちに「あぁ~、まただよ」って目でみられてます。
「だって、しかたないじゃない、人間なんだもん」って、開き直ってますよ。

リンク、ありがとうございます。

かわさん

  1. 2012/07/26(木) 10:48:55 |
  2. URL |
  3. Hikarun
  4. [ 編集 ]
3ヶ月経つのに、なかなか気持ちが落ち着きません。
かわさんも同じですね。
いまころ、一緒に空から見てくれているのかなぁ。
居なくなってもなお、大事な家族ですよね。

[i:63942][i:63942]

  1. 2012/07/26(木) 00:19:11 |
  2. URL |
  3. かわ
  4. [ 編集 ]
私も今年4月に家族をなくしてしまいました。お気持ち痛いほど伝わってきます、マリィちゃんきっと幸せですよ素敵な家族に看取られたのだから、自信をもって下さい、私は皆様を尊敬しています。これからも身体に充分気をつけて頑張って下さいね先生

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。